スポンサードリンク

年収1000万円の人はどれぐらいいるのか?

世帯収入が1,000万円というのは、あまりめずらしくありませんが、1人で1,000万円を稼ぎ出しているとなると、次元が違ってきます。1人で年収1,000万円、何てすてきな響きでしょう。なぜなら、年収1,000万円を1人で稼いでいるのは、男女合わせて、たったの5パーセントしかいないエリートなのです。

男女あわせて、平均年収を1000万円以上もらえるのはおそよ全体の5%です。男性は7%、女性は1%となっております。

引用:平均年収.jp 平均年収1000万円以上の手取り

庶民の憧れ、年収1,000万円ですが、冷静に考えて、年収1,000万円とは、どのような暮らしなのでしょう。夫が年収1,000万円ならば、妻が生活のために働かなくてもいいことは想像できますが、いったいどれだけのゆとりの生活ができるのでしょうか。

年収1000万円にかかる税金

年収1,000万円といっても、1,000万円全てが課税対象となるわけでありません。年収に応じた「給与所得控除額」というものがあるのです。

(給与所得の源泉徴収票の支払金額)給与所得控除額
1,800,000円以下収入金額×40%
650,000円に満たない場合には650,000円
1,800,000円超 3,600,000円以下収入金額×30%+180,000円
3,600,000円超 6,600,000円以下収入金額×20%+540,000円
6,600,000円超 10,000,000円以下収入金額×10%+1,200,000円
10,000,000円超 12,000,000円以下収入金額×5%+1,700,000円
12,000,000円超2,300,000円(上限)

引用:国税庁 No.1410 給与所得控除

年収1,000万円の課税所得は、約630万円

年収1,000万円の場合、表の「6,600、000超、10,000,000以下」に入りますので、
「1,000万円 × 10% + 120万円 = 220万円」
の給与所得控除が受けられます。さらに、38万円の基礎控除、厚生年金や健康保険などの社会保険控除、生命保険控除、傷害保険控除などで、だいたい150万円程度の控除がありまます。そうして収入の1,000万円から、220万円と150万円を引き、残りの630万円が課税対象の所得金額になります。

所得税

課税対象の所得金額が出ましたので、次は、所得税を以下の国税庁の「所得税の速算表」から、計算してみましょう。

所得税の速算表
課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え4.000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

引用:国税庁 No.2260 所得税の税率

年収1,000万円にかかる所得税は、約84万円

課税対象の所得金額が、630万円なので、表の「330万円を超え 695万円以下」に当てはめると、税率が20パーセント、控除額が427,500円です。
「630万円 × 20% - 42万7,500円 = 836,500円」
約84万円の所得税になります。意外と少ないですね。

住民税

では、住民税を計算してみましょう。課税対象の所得金額が、所得税と同じく630万円なので、一律10パーセントの税率をかけて、5,000円を足します。

年収1,000万円にかかる住民税は、約63万円
(課税所得(約630万円)×10%+5,000円=約63万)

住民税は約63万円。所得税の84万円と合わせると、147万円、約150万円の税金になります。年収1,000万円では、「税金で年収の半分を持って行かれる」と聞きますが、実際は、15パーセント程度なのですね。これで、安心して、年収1,000万円を目指せます。

年収と手取りの関係

年収が1,000万円以下の場合、総収入に対する手取りは、約70~80パーセント程度と言われています。年収と手取りの関係を表にまとめてみました。

年収手取り
300万円200万円~250万円
400万円280万円~300万円
500万円350万円~390万円
600万円400万円~450万円
700万円520万円~550万円
800万円580万円~610万円
1,000万円700万円~800万円

年収1,000万円の手取りは、700万円から800万円程度なのですね。これでは、高級車を1台買うと、1年間の手取りが吹き飛んでしまう気がします。では、どれくらいの生活になるのか、年収1,000万円の暮らしぶりを見てみましょう。

「年収・給料」に関する記事一覧

日本人の平均年収

平均収入は男性の平均年収は514万円ですが、実際はそれよりも低い人が多い理由。

サラリーマンの年代別平均年収

年功序列はいまだ健在?年代ごとの平均年収を調査。あなたはの年収は同世代と比べて高い?低い?

【世代別】日本人ビジネスマンの平均収入

昔ほどではないとはいえ、いまだに年功序列の給与方式。世代別、男女別に年収を紹介。

モデル年収と平均年収

モデル年収はウソだらけ?知っておきたいリアルな年収事情。

職業別年収(2015年)

果たして年収が高い職業とは。弁護士は1000万円越える。おまけにONEPIECEの尾田先生の年収も。

平均年収ランキング/職種・業種・企業

やはり銀行や医療系は強いみたい。それ以外にも平均年収が1000万円を超える企業もあるんです。

年収が高い職業ランキング

文系、理系別に年収の高い職業をご紹介。女性の年収の高い職業も。

年収1000万以上の職業と、気になる職業の年収

野球選手や弁護士やパイロット、みんなが夢見る職業の平均年収は?サラリーマンや公務員の平均も。

年収1000万の達成方法

特別な職業でないと年収1000万円は達成できないの?年収1000万円を達成するために必要なものは。

意外と裕福ではない年収1000万円の暮らし

多くの人が夢見る年収1000万円ですが、実際はそんなに夢のような生活ができるわけではないんです・・。

年収1000万の現実

年収が1000万円以上の人は、実際のところ何パーセントくらいいるのでしょうか?

年収の手取り額

年収とは収入額と手取り額のどちらを指すのかわかりますか?収入から引かれる各種税を説明します。

年収とは

年収にボーナスはや残業代、交通費も含まれるんです。年収とはなんなのか、改めて解説します。

源泉徴収票の見方

給与からは保険や税が引かれます。源泉徴収票を見ながら、あなたの手取り額の計算方法を解説します。