スポンサードリンク

年収とは

年収とは何かとたずねられると、思わず、「手取り? 総支給?」と聞いてしまいますよね。だぶん、年収の正確な定義をすぐに答えられる人は少ないのではないでしょうか。

年収とは1年間の収入の合計をいいます。通常、年収とは税金や社会保険料を含めた収入の総額のことを指します。

引用:コトバンク

年収とは、1年間の収入の総額ですから、会社員で副業をしている場合は、副業分の収入も加えた金額が年収になります。源泉徴収票は、1年に1枚、1カ所からしか発行されませんので、副業をしている人は、副業分の収入を確定申告する必要があります。確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間の収入に対する所得税額を計算し、翌年の2月16日から3月15日までの間に、税務署に申告する制度です。後日、所得税の納付書が税務署から送られてきますので、それを使って納税します。また、所得税を納め過ぎていた場合は、確定申告をするとお金が戻ってきます。

手取りとは、年収から税金や社会保険料を引いた金額。

手取りの計算方法:年収-(所得税+住民税+社会保険)

会社員の場合

会社員が、「年収は?」と尋ねられた場合、「1年間に勤務先から支給される全ての給与収入」のことを指します。年収は、「額面給与」とも言われます。給与は、基本給、残業代、交通費、賞与、家族手当を含めた各種手当などから成っています。

会社員の年収は、ボーナス、交通費、残業代など、全てを含めた金額。

勤務先から受け取る給与すべてを合計したものが「額面給与」と呼ばれるものです。一般に「年収」や「月収」と呼ばれるものは「額面給与」と同義で使われています。

引用:BRAVE ANSWER

転職や、就職を考えたときに、求人票に乗っている給与は、額面給与ですので、その金額が実際に手に入ると思ってはいけません。社会保険や税金が引かれ、手元に入るのは、額面給与の8割程度でしょう。

自営業の場合

自営業の年収は、年間の売り上げから、仕入れ費などの諸経費を引いた金額。

自営業の場合の年収は少し複雑です。クレジットカードや住宅ローンの審査書類に書き入れる「年収」に、迷う方も多いのではないでしょうか。

自営業の場合の年収は、年間の売り上げから、仕入れ費と諸経費を引き、専従者がいる場合は、専従者に支払う給与も引いた金額が、年収になります。専従者とは、個人事業主にだけ認められた、仕事を手伝ってくれる家族のことです。その手伝ってくれる家族の労働に対して給与を支払うことができ、専従者に支払った給与は、専従者控除といって、青色申告(確定申告の種類のひとつ。申告用紙が青いことから青色申告と呼ばれる)の際に経費として計上することができます。例えば、夫がお店をやっていて、妻がその経理を担当している場合などです。

世帯年収

その世帯の合計年収のこと。
自分の年収が0円でもその世帯で、父親の年収が2000万、母親の年収が1000万であれば、世帯年収は3000万円となる。

引用:Hatena Keyword

総務省統計局の調査によると、1世帯当たりの平成28年度1月から3月の単身者を含む総世帯の1カ月の平均実収入(手取り)は、407,273円となっています。これに12カ月をかけると4,887,276円、約490万円が日本人の平均世帯年収になります。国税庁が発表した平成26年度の平均年収である414万円に8割をかけて、実収入とすると、334万円です、1世帯の大黒柱を夫とし、夫が334万円を稼ぐとすると、夫が稼ぐ年収のほかに、妻が70万円を稼いでいることになります。

源泉徴収票の見方

会社員なら、年に1度、12月に会社から渡される源泉徴収票ですが、よく見る機会は少ないのではないでしょうか。ここでは、源泉徴収票の簡単な見方をご説明します。

1
参照:経営ハッカー

①支払金額

年収=支払金額

「年収は?」とたずねられたときに、答えるのがこの「支払金額」です。会社が1年間に、あなたに支払った給与の総支給額が記載されています。

②給与所得控除後の金額

所得=給与所得控除後の金額

「給与所得控除後の金額」が税金を課税されるときの基準の所得になります。この例では、2,033,600円です。

③源泉徴収税額

所得税額=源泉徴収税額

毎月の給料とボーナスから引かれていた所得税の総額が記載されています。年末調整で、生命保険や傷害保険、住宅取得控除などを申告すると、所得税の1部が戻ってきます。

④社会保険等の金額

社会保険等の金額は、給与から天引きされていた厚生年金、医療保険や雇用保険などの総計金額です。

取り=支払金額-源泉徴収税額-社会保険等の金額

手取りは、「①支払金額-③源泉徴収金額-④社会保険等の金額」になります。手取りは②給与所得控除の金額と等しくはなりません。

モデル年収とは何か

モデル年収とは、求人広告や求人票の中に記載されている年間給与の例示、参考数字を言います。

参照:コトバンク

モデル年収は、参考数字なので、必ずしもその年収を保証するのではなく、求人の対象となる職種の一定の給与指標です。しかし、モデル年収の表示に対して、厳密な規制があるわけではないので、嘘とは言わないまでも誇大な年収を乗せている求人が多く存在するようです。転職をしてしまう前に、できるだけ情報を集めて、モデル年収の真偽を確かめたほうがよさそうです。

社員が辞める度に「年収例・入社5年目(34歳)・500万円」とか平気でウソをついて社員を募集する会社は珍しくないのですか?社内であてはまるのが僕一人だけなのですが、実際はどう見積もっても年収300万円くらいです。

参照:Yahoo 知恵袋 社員が辞める度に「年収例・入社5年目(34歳)・

日本人の平均年収

国税庁は、2014年の民間給与実態統計を公開しました。これにより、男性の平均年収は511万円、女性271万円、全体414万円という最新の年収事情が明らかにされました。さらに、雇用形態で分けると、正規雇用の平均年収は473万円、非正規雇用は168万円でした。非正規雇用とは、派遣やパートのことですが、かなり年収が低いことがわかります。

2014年:414万円
男女両方を調べたもので男性の平均年齢が43歳、女性の平均年齢が43歳です。

引用:平均年収.JP

一昔前は、新卒で就職すると終身雇用が当たり前で、いったん就職してしまえば、一生安泰でしたが、現代ではそうはいきません。リストラされる場合もありますし、どうしても職場になじめず自ら辞めてしまう場合もあります。そして、いったん非正規雇用になると、正規雇用に戻ることが難しいのが現実です。そうした人たちがどうやって収入を増やすかというと、何か資格を身につけて条件のいい正規雇用をさがすか、ダブルワークしかありません。

年収を増やすだけなら、アルバイト・副業が手っ取り早いですが。
貴方自身が今の会社より、規模も収益も上の会社でも十分通用するキャリア・スキルを持っているなら転職するべきですね。

引用:Yahoo 知恵袋 現実的に今より年収を増やすには、転職しかない

お金が幸せの全てではありませんが、ないよりあったほうがいいのは当然です。アベノミクス景気がいつまで続くかわかりませんが、今のうちに頑張って稼ぎたいですね。